geranium

diary / photo / music etc..

闇金ウシジマくん

ずっと取り組んでいた作業が一段落ついたので、今日は本当に何もしないぞ!というお休みの日をつくった。わたしは学生のときから休むことが下手くそで、特に受験生のときと卒論を書いていたときは、どんなに休むと決めていても常に頭の中はやらなきゃいけないことで埋め尽くされていたし、休むことへの罪悪感で逆にストレスが溜まり、最終的には限界がきて爆発してしまうという結果を招いた。かといって全く休まないのも辛くて、結局一日中だらだら作業をし続けるやり方に落ち着いてしまった。もちろんそれは一番効率が悪いので、思うように進まない。やっぱり切り替えというのは大事だ。やるときはやる。休むときは休む。優れた人はみんなこれが出来ている人だとわたしは勝手に思っている。

それで、完全にオフ!と決めた日に何をしようかかなり迷った。あまり考えごとはしたくなかったし、映画が好きなのでなんか適当に観てみることにした。作品を漁っていたときに、以前途中まで観てそのまま放置してたドラマを思い出したので、そっちを観ることにした。それが『闇金ウシジマくん』だった。正直、ゆっくり休息をとりたいときに観るような内容ではない。

と思っていたのだけど、いざ観てみるとどんどん惹き込まれてSeason3までいっきに観てしまった...。いっきに観すぎた感はあるけど、一話が30分というのもあって、あまり長い時間には感じられなかった。

Season3まであるのに、丑島さん(山田孝之)の表情はほぼ一種類しかなかった。ずっと同じ顔だった。しかしその迫力たるや、もうこっちまでゾクゾクしてしまう程だった。山田孝之さんは“一見ふつうに見えるけど、実はいつ何を仕出かすか分からないマジでやべえ奴”みたいな人間を演じるのが本当に上手い。めちゃくちゃに怖い。新宿スワンのときもかなり怖かった。顔の表情だけでこんなに迫力を出せる人はなかなかいないと思う。

悪い人なのかいい人なのか、いまいち掴めない丑島さんを、本当はいい人なんだと信じたい気持ちで観ていると裏切られる。だけど、お肉ばっかりじゃなくてちゃんと野菜も食べてくださいと言われたことをしっかり守って、机の上のカイワレもちゃんと育ててるところがちょっと微笑ましかったりもして、最後まで丑島さんに振り回された。

原作は少しだけ読んだことがあるけど、ドラマもみんなそれぞれキャラがしっかりあって良かった。洗脳くん篇はとにかく怖いし、胸糞が悪すぎた。占い師と組んで運命の人を演じ、相手からその家族までをも洗脳して、一家を崩壊させる。でもこんな話もこの国のどこかでは起こっているんだろうなと思うとぞっとした。いつかのドッキリ番組か何かで、占いで〇〇を身に付けている人が運命の人だと言われた直後に、その通りの格好の人に声をかけられて連絡先を聞かれたら教えるか?みたいな企画を観たのを思い出した。なかには教えている人もいて、ヤラセであることを願った。

闇金ウシジマくん、ただのちょっと怖い人たちの話かと単純に捉えていたけれど、人間の醜い部分が描かれていて、色々と考えさせられる話だった。映画の方も今度観てみようと思う。

二人がここで駄菓子を食べるシーンが何気に一番好きだった。