Geranium

だれかに話したいけど話すほどでもないようなこと。

仕事を辞めてから

どこで転職するか(都心に残るか地元に帰るかで)ずっと悩んでいた。結果いま私は実家にいる。帰ってきた。

地元に帰るということは、つまり彼と遠距離になってしまうということで、この事については散々話し合った。それでも私は地元に帰ることを選択した。彼からすれば自分よりも地元を取られたわけで、選んだことには自信を持ってと言ってくれたものの、並々ならぬ罪悪感が私の中にはどうしてもある。引越しの前に彼と会った。表情がなかった。私がそうさせてしまったのだと、どうしてここまでして、遠距離になってまでも地元に帰ることを選んだのだろうと、申し訳なさや後悔の気持ちが胸に込み上げてきた。自分で選んだことなのに、寂しかった。そして何より、なぜ私がこの選択をしたのか、明確な理由が自分でも分からなかった。それは彼にもなんとなく伝わっていたようで、そんな風じゃ応援もできないし自分も納得がいかないと言われた。ごもっともだ。彼とのことも仕事のことも、都心にいる方が当然有利であって、帰郷は明らかにリスクも高くデメリットの方が多かった。のに、確実に帰りたいという確固たる気持ちはあって、その理由をちゃんと把握できていないことに自分でも腹が立つ。誰が見ても私の行動・言動は意味が分からないと感じられてしまうと思う。この話をした時、彼にはもう別れ話を持ち出されると思っていたし、その覚悟はしていた。でも、言わないでくれた。それが逆に辛かった気持ちもあったけれど、頑張らなきゃなと思った。

大学から実家を出て5年間ほど一人暮らしをしてきたけれど、実家に帰りたいとここまで思ったのは今回が初めてだった。よほど自分の心が弱っていたのか、寂しかったのか、本当に自分でも謎なのだけれど、東京でまた仕事を頑張る自分を想像したときに「無理だ」と直感で思ってしまった。本当に情けない話だし、根性がなさすぎる。東京にいると、東京にいることで精一杯になって、自分を見失ってしまう。仕事も少ないし、不便なこともあるけれど、地元にいる方が自分らしく生きていけるような気がした。就職する前にそれが分からなかったのかと思われるかもしれないけれど、これまで仕事をしていた期間に後悔は一切ないし、日本の中心で働けてよかった、良い経験だったと思う。その過程があっての今だから、色々と思うことはあっても、この選択は間違っていなかった。何年後か分からないけれど、堂々とそう思える日が来るように、これから頑張って生きていく。