最高になるために

 先日、とある方(勝手に載せて良いものなのか分からないので名前は伏せます)のブログに刺激をうけて、脱毛サロンのカウンセリングに行ってきた。時間がかかるものだし始めるなら一日でも早いほうが良いと。こういうときのわたしの行動はとても早い。そしてその日に契約をした。というか、わたしは以前にも某有名脱毛サロンで施術を受けたことがあった。だけど色々とあって途中で行かなくなってしまった。脱毛サロン=なんか胡散臭い、高額なコースに誘導してくるみたいなイメージがそのときに出来てしまっていて、今回も結構不安な気持ちが大きかった。だけど実際はそんなことなくて、料金も比較的良心的だし、わたしの希望に合っていたし、いいなと思った。トータルで一年半くらいかかりそうだけど、脱毛をやって損することは絶対にないし、今度は挫折しないようにきちんと頑張りたい。店内の壁に、綺麗な肌で彼に抱かれたいよね的な張り紙があって、もちろん好きな人のためにもなるのかもしれないけれど、わたしはあくまでも自分のために頑張りたい。綺麗になりたいから。美人でもないし、可愛くもないし、スタイルも悪いけれど、できることはしていきたいし、他人から見た私がどうであれ、自分のなかで一番ベストな状態でいられたらそれでいいなと思う。

 サロンのスタッフさんが物凄く色々褒めてくれるのだけど、わたしはつい「いやいやそんなことないですよ」と謙遜を超えた全否定をしてしまい、「そういう時は素直にありがとうって言うんですよ!」と冗談っぽく言われてしまった。冗談っぽかったけど、ものすごく大事なことを言っているなと思った。自分が誰かに対してなにかを褒めたとき、全否定されると悲しいし、逆に喜んでくれるとこっちも嬉しい。自虐癖はよくない。日常的に自虐するようになると、周りの見る目もその通りになってきて結果的に見下される人間になってしまう。意識して直さなければならない癖だ。わたしがわたしを否定してはだめだ。