2018年だって

 悲しいもので、嫌な出来事がいくつも重なってしまう日というのは存在する。きょうは“ついてない”の見本みたいな日だった。ついてないというかタイミングが合わないことの連続で、神様がわたしに意地悪しているのかと思った。

 病院で診てもらいたいことがあって、仕事帰りに寄れそうなところをひとつだけ見つけたので行ってみた。とても古い建物で、まわりは栄えているのにそこだけ異世界のように古びていて薄暗かった。本当に大丈夫なんだろうかと思いながら恐る恐る受付に行くと誰もおらず、待合室なのにだれも待っていなかった。人類滅亡...?異世界にほんとうに迷い込んじゃった...?と思いながら「すみませーん」と声を出してみると、ちいさな足音が少しずつ近づいてきて、白衣を着た白髪のおじいさんが顔を出した。状況がすぐに掴めなかった。色々話してくれたのだけど、要するに、2月にここは閉鎖してしまうから、定期的な通院が伴うような症状なら別の病院に行った方がいいとのことだった。いまならバイきんぐ小峠と同じ温度で「なんて日だ」が言えると思った。私の知らないところでこうやって色んなものが無くなっているんだなとも思った。

 最近またひとり暮らしをするならどこがいいかな?と、SUUMOとか見ながらあれこれ妄想するのがたのしい。というのも、『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』がすごく良くていっきに観てしまい、その影響でひとり暮らしについてまた真剣に考え始めるようになった。原作は漫画みたいだけど、前にちらっとテレビで観たドラマがずっと気になっててやっと全話観終えたという感じ。なんとなく、お洒落だから、お店も色々揃ってるから、という軽い気持ちで吉祥寺に住みたいと不動産屋さんに訪れて来る人に対して、「じゃあ、吉祥寺やめよっか」というお決まりのセリフを言うところから始まり、吉祥寺とは全くちがう街を紹介、何だかんだみんなそれぞれその街が気に入って住むことに決めるっていう毎回同じパターンなんだけど、みんな初めは何かしらの問題を抱えながら部屋を探しに来るのに、最後はちょっと成長しているという人間ドラマもちょっぴり盛り込まれているので面白かった。ちょっと泣いてしまった話もあった。

 というか、住みたい街はだいたい絞れているんだけど、問題は仕事。資格の勉強とかしてるけど、これが本当にやりたいことなのか正直よく分からなくなってきてしまっている。なかなか厳しい道であることも分かっているし、そんな厳しい道にわざわざ進まなくても、もっと私に向いていることがあるんじゃないかって。じゃあそれは何と聞かれたら分からないんだけれど。そこを知るためにも、 何かしなきゃなと思いつつ、何をしたらいいのか分からないまま毎日が過ぎてゆく。どうしよう、このままじゃ何も変わらないまま時間だけが経ってしまう。分からない分からない。生きるの難しい。

Remove all ads