geranium

diary / photo / music etc..

現実から少し逃げた

 ぷち旅行から帰ってまいりました。大阪、京都、神戸あたりをぶらっと。移動時間が片道5時間ほどあったので、音楽をたくさん聴いた。素敵な音楽をたくさんインプットした。わたしの生涯好きな曲ベスト5に入るくらいの曲も見つけて、旅先に向かう移動中でもうすでに喜びに満ちていた。服でもバッグでも何だってそうだけど、自分の好みにぴたっとハマるものに出会えた時の感動はたまらない。この時点で、今回のぷち旅行における十分な収穫が得られたと感じた。(家でもできることですけれど...)
_

 今回の一番の目的、PAELLASのライブ。表現するのが難しいけれど、とにかく空間そのものが上品で艶っぽい感じのライブだった。ぎゅうぎゅうのライブハウスよりは、ゆったり星空でも眺めながら聴きたい感じだった。一曲目が一番好きな曲だったのでびっくりした。本当にひっさしぶりにライブを見て、色々と感覚が蘇った。日常生活では耳にすることのない音量と、それに伴って身体に伝わる振動が心地良い。いつも聴いている音楽を奏でている人が目の前にいて、いつも聴いている音楽を奏でて歌っている。こんなに幸せな空間ありますか。最高でした。
_

 前日にテレビで観てあまりに美味しそうだったのでここのたこ焼きを食べてきた。今まで食べたたこ焼きで一番おいしいと言っても過言ではない...くらいに美味しかった...。一見ふつうのたこ焼きなんだけど、まわりがカリカリの天かすで包まれていて、食感も味もすごく好みだった。ありがとう大阪。
_

 その次は京都にぷち観光をしに行きました。鴨川沿いに座ってぼーっとした時間がこの上なく幸せだった。三条大橋は人がたくさん歩いていて割と騒がしいはずなのに、その下はものすごく静かで、程よく風があって、人もまばらで、本当に心地が良かった。近くに住んでいたらしょっちゅう来ていただろうな。寝ている人もいれば、本を読んでいる人もいて、川で遊んでいる子どもたちもいて、本物のカモがいて、ギターを弾いている人がいて、みんなそれぞれの過ごし方をしていて穏やかな時間が流れていた。

 夜もまた綺麗で風情があります。夜はもっと静か、かと思いきや、どこかで行われていた路上ライブの音がまあまあな音量のBGMとなっていました。みんなの楽しげな声、それはそれでよかった。私はやっぱりここが一番京都にいるな〜という実感がわく。いつかまた京都に住みたいな、と思った夜でした。
_

 この数日間はとにかく“癒し”の二文字だった。良い意味で現実逃避ができたと思う。楽しかった。またこれから頑張ろうという気になれた。