geranium

diary / photo / music etc..

素人のカメラ

 お盆。わたしは動物アレルギーなのに動物が好きで、かわいい柴犬を飼っていた。飼うっていう表現はあまり好きではないけど。猫とかうさぎだけだと思っていたけど、やっぱり犬にもアレルギー反応があって、ましてや柴犬は意外と毛が異常に抜けるのでそれにやられていつもくしゃみばかりしていた。三か月前に愛犬が亡くなってからは、くしゃみを連発することがあまりなかった。それが、ついこの間、13日と14日だけ異常にくしゃみが止まらなくて体がものすごく気怠くなり、久々にここまでなったな〜とぼんやり考えていたときに、ふと“お盆”という言葉が頭に浮かんできた。もしかして、帰ってきてくれたのかもしれないと、そんなのただの偶然かもしれないけれど、そう思うことにした。くしゃみは体力を消耗するしすごくしんどい。でも今はそれがちょっと恋しい。
_

 トイカメラが欲しくて、ネットでずっと調べていた。ある程度目星はついたのだけど、トイカメラなのに価格が全然トイじゃなくて、本当にいいの?と思いとどまった。本当はフィルムカメラが欲しいけれど、そんなに本格的にやるつもりはないし、お金もかかるしで、デジカメ一択。これが恐ろしいもので、調べれば調べるほどやっぱりどうしても良いものに辿り着いてしまう。だけどわたしが求めているのは綺麗な写真ではなく、ぼんやりとしたどこか懐かしい写真だったので、いっそのこと古いデジカメとかでいいんじゃないかと思い始めた。
 そこで思い出したのが、高校生のときにおもちゃ感覚で買った安いデジカメ。その当時は一眼レフが欲しいけどお金がないから~という理由で購入したので、実際に撮影した写真を見た時に結構ショックだった。値段相応なんですけどね。そのカメラを部屋の隅から引っ張り出して、改めて見てみると、なんとこれが結構いい感じだった。

 1400万画素なのでiPhoneとそこまで変わらない。わたしの撮影が下手なのもあるけれど、ぼけてるし、ノイズも結構ある。だけどそれが寧ろなんか良かった。加工したらもうちょっと味が出そう。トイカメラを買う手前まで行っていたわたしだけど、正直これで良いよねとなったのが現状です。当時はやっぱり安いカメラだとしか思わなかったのに、今ではそれが魅力に感じる。同じものと同じ人間でも、タイミング次第で全く違うものになるのが面白い。

Remove all ads