Geranium

だれかに話したいけど話すほどでもないようなこと。

やっぱりバンドをやりたかった

大学生の頃、憧れのベースを購入して密かに家でちまちま弾いていた。本当はバンドをやりたいと思っていた。軽音サークルに入ろうと試みたものの、大学生のくせに大学生ノリについて行けず新歓合宿でさっそく浮いてしまい、なぜか部費だけ払ってそこを去った。きっと私には、誰かとバンドを組んで音を重ねていくということはできない。ただ音を奏でていれいばいいわけではない、人間との関わりも重要となるこの形態、私にはおそらく無理だ。と言いながら、中高時代は吹奏楽部に入っていたのだけれど。そんなわけで、街でギターを背負ってる人を見ると込み上げてくる後悔やら嫉妬やらが行き場を失い彷徨っています。