Geranium

だれかに話したいけど話すほどでもないようなこと。

喧嘩

いま実家にいるのだけど、ご飯を食べているときに家族で喧嘩になった。喧嘩と言ってもほとんど“父 VS 妹”だけど。こういう喧嘩は半年に1回くらいのペースで起きてる。毎回内容は同じようなことで、あとから思い返せば本当にくだらないことなんだけど、そんな小さな鬱憤がみんなの中で毎日少しずつ蓄積されて、爆発するタイミングが半年に1回なんだと思う。

私は幼い頃から自分の意見を口に出して言うことが苦手で、口喧嘩なんかもほとんどしたことがない。しても100%負ける自信がある。負けるというか、思ってても言えなくて終わる。だから今日もひたすら傍観。入る余地がなかった。どちらの言い分も分かるしなんとも言えなかったというのもある。前から母と妹の父に対する当たりが強いなというか、態度が冷たいなとは薄々思っていて、仕事で疲れて帰ってきてもこんな態度をとられる父を気の毒に思う気持ちはあった。でも母と妹が理由もなくそんな態度をとっている訳では無くて、ふたりの話を聞いているとそうなってしまう気持ちもよく分かった。結局お互い様なんだ。喧嘩になるときって大体双方が「なんで私の気持ちを分かってくれないの!」と思うことから始まるし、お互い自分の言いたいことしか言わないから話し合いにもならずにエスカレートしていく。

しまいに妹が怒りながら泣きだす。泣きたいのはこっちだと父も若干涙目でキレる。父の、お前たちの学費や生活費のためにどれだけ頑張って働いたか知らないだろ!みたいな言葉がぐさぐさと私の心に突き刺さり、なぜか私まで泣く。大学の学費を出してもらったことに、有難い反面後ろめたさみたいなものがずっと心の中にあった。自分で出したくても出せる金額ではない。それでもどうにかして奨学金などを使って自分で出している学生もいるのに。自分で学費も払えないのに当たり前のように大学に進学することを決意した私はあまりにも親に甘えすぎているなと感じていた。大学、行かなきゃ良かったかな?行かなくても別に良かった?高校を卒業してそのまま就職するべきだったかな?と今でも考えてしまうことがある。だから、「こんなに頑張って働いて学費を出してやったのに!」と言われて、やっぱり親はそう思っていたんだなと、申し訳なさでいたたまれなくなって、勝手に涙が出てきてしまった。私の涙は怒りではなくて、罪悪感とか後ろめたさから来るものだった。きっとこの言葉は、ことあるごとに一生言われ続けると思っている。だから、春から社会人になるしもう一切親からの援助は受けずに生活していく。そして、少しずつでもこの借りを返していけたらなと思う。おそらく私の収入ではなかなか難しい話なんだろうけど。久しぶりに泣いたら頭がとても痛い。

そういえば昨日は卒業式でした。行かなかった。さーっと卒業証書郵送の手続きだけした。単位が全部取れただけで十分満足だし、別れを惜しむ友達もいないし、4年間支えてくれた両親に感謝することが卒業の際に一番大切だと思っていたので、卒業式に参加する必要性が感じられなかった。(あと袴とか写真撮影などが億劫だった...) 今日のこともあったし、両親に何かプレゼントしようかな。小さい頃は手紙くれたりしたなー最近は全然貰わないなーと父がこの間言っていたので、手紙も書こう。
今週のお題「卒業」

Remove all ads