私の望みを叶えてあげたい

毎日が後悔でいっぱいだ。あの時ああしてれば、していなければ。過去ばかり見ている。そんな奴はどんな選択をしたって同じ道を辿るものだ。でも、それでも、今選んだ道が間違っているとしか思えなくて、気を緩めるとすぐに涙が出てきそうになる。わたしの現状について第三者の意見が聞きたいけれど、こういう話は一体どんな人に話せばいいのか分からない。

でもずっと自分なかで「こうでなくちゃいけない」と思っていたことが、別に必ずしもそうじゃなくたっていいんだって今日気付いて、すこし気持ちが楽になった。弱さという優しさをもちあわせているわたしは、大事な局面でも自分より人を優先してしまうことがあって、後々大きく後悔するんだけど、たとえ人に悲しい思いをさせてしまったとしても、自分を最優先するべきなんだって。そうやって人の気持ちまで配慮して生きてきたから、自分の望みが埋もれて分からなくなるんだって。

ちなみにもう4月も終わろうとしているけど、今年の目標は「素直になる」です。

この「とんかつ」がいい.........

うわき

はてなブログからnoteにすこし浮気をしていたときの記事。


2019.03.27

最近寝る前に女王蜂のFLATをよく聴いている。真っ暗い静かな部屋で聴くのにちょうどいい温度なので心地よく眠れる。

今日、東京喰種のコンピレーションアルバムが届いた。まだ聴いていない。対談も読んでいない。ただこのパッケージと、中の冊子をぱらぱらとめくって見ただけであ〜買ってよかった~と思った。今度のお休みにゆっくり聴いて読もうと思う。

新しい元号がもうすぐ発表されるらしい。正直変わったところで何なんだと思っている自分がいるし、それよりも女王蜂のチェキ撮影会のことで頭がいっぱいなのである。平和が過ぎる。

桜の季節なのでカメラを持ってお花見がしたいな。


2019.03.28

今の自分は好きではない。本当にしたいことをできていない。でも本当にしたいことをできている人がこの世にどれだけいるのだろうか。ごく普通に暮らせる環境にあって、仕事もさせてもらえているんだから私は恵まれている、そう言い聞かせている、だけ。理想の方は向かないようにして毎日をただ過ごしている。気持ちはこんなにもあるけれど、気持ちだけではどうにもならないことだ。そんなの沢山ある。いつか自分のことを好きになれる時が来たとしたら、理想を叶えて納得のいく自分になれた時だろう。そんな日は今のところ来そうになくて、自分のこともきっとずっと好きになれないままなんだろう。

色んなこと書こうと思ってたのになんかもうしんどくなってしまった。どうでもいい。


2019.03.29

今日ラジオを聴いていたら“還暦ババア”というラジオネームの人がいて吹き出しそうになった。ここまで潔い自虐はなんか好きだ。

瞼がくぼんできたことに最近気付いた。なんていうんだろう、例えるならロザンの宇治原さんみたいな、そこまでではないけどそんな感じになっている。調べてみると、考えられる理由は加齢、眼球下垂、瞼の痩せの3つだった。おそらく最近がくっと体重が減ったので瞼も一緒に痩せたんだろうと思う。そんなに痩せたように感じないんだけど、多分そう。

明日は時雨のツアーのチケット発券開始日だ。かなりどきどきしている。多分発券するのは明後日になりそうだけど(明日できたらしたい)

女は怖い。女だけど女は怖い。言葉で説明するのは難しいようなこと。空気。気遣い。群れ。面倒くさい。女だらけの職にはできるだけもう就きたくない。仕事に感情を持ち込みすぎて、良くない。

明後日はいよいよ納車の日なので浮き足立っている。眠る前に好きな音楽を聴いて、明日はうきうき気持ちよく過ごしたいな。おやすみなさい。


2019.03.30

最高に好きな曲を聴いて「...ああ、最高ッ!」と胸が高鳴る瞬間って、絶対に体にいい。テレビショッピングで毎日やってるよく分からない健康食品より確実に体にいい。根拠はない。

そんなことを感じた曲がこれです。


Foster The People - Call It What You Want (Official Video)

何年前だろう...8年くらい前?にこの曲を初めて聴いた時は衝撃だった。聴く度にクセになっていくような感じがたまらなく好き。

夜更かししてしまうのは、まだ今日を終わりにしたくないからかな。

なんかカメラロールにこの写真?が入っていたんだけど、こんなの自分で撮った記憶が全くないし、何を撮ったらこうなるのかもよく分からないし、本当に謎。だけど妙に綺麗なので妙に気に入っている。

明日は納車だ、緊張してきた。時雨のチケットも発券しに行かなきゃ。おやすみなさい。


2019.03.31

一月に購入してようやく今日納車でした。初めてご対面した愛車はとてもかわいくて、見た瞬間から愛着がわいた。免許を取ってから一度も運転をすることがないまま5年ほど経ってしまい(怖すぎ)みんなから心配されつつ、一番怖いのは私ですが、なんとか運転できた。

田舎は車がないと本当に不便で、しょっちゅう誰かに送り迎えしてもらったりしていたので、やっと自分で行けるようになる!という喜び...。そして人の車では遠慮して自分の好きな曲を流せなかったので、もうこれからは思う存分に聴けるぞ!という喜び...。さっそく女王蜂の発売したばかりのDVDを観ました。

自分だけの空間っていいね。部屋とはまた違って、なんか落ち着く。これからたくさんお世話になります。どうぞよろしくね。


2019.04.01

4月ですね。朝起きてアラームを止めた時に日付を見て、「4月...?」と一瞬思考が停止しました。1月がまだつい最近のことのように感じられて、もう一年の4分の1が終わっただなんて本当に信じられない。もっと一日一日を大切に過ごしたいけれど、実際難しい。

仕事をしている最中に、新しい元号が発表された。“令和”なんだかまだ見慣れない。でもちょっと堅苦しい感じというか、古い感じがなんかわたしは好きです。書きやすそうだし。

あ、そうだそうだネイルを変えたんだ。どシンプルにした。次はもうちょっと凝ったデザインにしたい。ネイルサロンなかなか自分に合うところに巡り会えなくて、何せコミュ障なので長い時間一対一で向き合って座ってなきゃいけないという状況がもうまず辛い。よっぽど話しやすい人じゃないときつい。コミュ障にネイルはハードルが高い。本当にこれは相性としか言い様がないなと思った。

今日さっそく車で通勤したけどどきどきしたなあ。そしてその間やっと東京喰種のアルバム聴けたんだけど、改めてこれ最高だな...と。石田スイ様々です、ありがとうございます。

仕事では今日なんか色々と嫌なことが重なってここ最近で一番凹んでしまったけど、明日は気持ちを切り替えられるかな。めざましテレビの占いでは一位だったのに〜~(?)


2019.04.02

一番誰にも迷惑をかけない死に方はなんだろうって考えたりした。誰も知らないような山奥でひっそり死ぬという結論に至ったけれど、そこも誰かの土地かもしれないし、捜索とかされてしまうとそれまた大迷惑だし、結局誰にも迷惑がかからないというのはほぼ不可能だ。生きていても死んでも人に迷惑がかかるって、もうどうしようもないな。マジシャンに消してもらうしかない。

日頃コツコツ頑張っていることは何も評価されず、ほんのわずかミスをしたらことごとく叱られるのが、分かっていてもどこか腑に落ちなくて、悲しくて、生きることへのモチベーションが日に日に下がっている。なぜ毎日こんなに頑張らなきゃいけないのか本当に分からない。


2019.04.06

女王蜂『qb図鑑』発売記念チェキ撮影会に行ってきた。

朝飛行機で大阪に向かった。そのまえに、昨日髪をマニパニで青に染めようとしたらムラだらけだったので、もう一度やり直したりしているといつの間にか夜中の2時になっていて、かなりの寝不足状態だったので搭乗までの待ち時間はほとんど意識がなかった。もちろん飛行機の中でもほぼ記憶が残っていない。

大阪に着いてから軽く昼食を取ろうと思っていたけれど、緊張のあまり逆に口から何か出そうなくらいだったのでやめておいた。久しぶりにこんなに緊張した。

会場はグランフロント大阪の6階にある紀伊国屋だったんだけど、北館と南館があって、最初南館のほうに行こうとしたのに住所が“大阪市北区”だったからなぜかわたしは「間違えた!」と思って慌てて北館の6階に上がり、フロアを一周して紀伊国屋を見つけることができず、再度調べると南館で合っていたことに気付き、時間もだいぶ迫っていることに焦り、走って南館の6階に向かった。エレベーターに乗って扉を閉めるボタンを押した瞬間に、ゆっくりとこっちに向かってきているおばあさんが見えたので開けるボタンを連打した。

6階に着いて扉が開くとすぐに列ができていて、わたしは整理番号一桁だったのでここに入ってくださいと言われた位置に割り込む形になった。もう目の前に女王蜂の皆様がいると思うと吐きそうになってきて、南館と北館を走って往復したので体が汗ばんできてるし、わたし倒れるかもしれん...と思いながらどうにか平静を装った。

それでは今からイベントを始めます、お願いします〜とスタッフさんが言い、ぞろぞろと列が進み始めると、アヴちゃんの「こんにちは~」と言う声が聞こえてきて髪の毛が全部抜け落ちそうだった。

自分の前の人が撮っている間、その模様が丸見えな状態だったんだけど、あまりのキラキラさに直視できなかった。左からルリちゃん、ひばりくん、アヴちゃん、やしちゃんの順に並んでいて、左側から入っていく感じだったので、一番近かったルリちゃんだけはちゃんと見れた。

いよいよ自分の番になって、次の方どうぞ〜と言われてみんなの前に立って、こんにちはと言おうとしたんだけど、前の人が今日誕生日です的なことを言っていたみたいでみんな完全にそっちを向いていたので私もどうしよう...とぐだぐだしながらとりあえずチェキを一瞬で撮り、振り返って「ありがとうございます!(しか言えなかった)」と言うとアヴちゃんが「ありがと〜」と言ってくれた。他の人の様子を見ても、基本アヴちゃんだけが喋ってる感じだった。ルリちゃんとやしちゃんは自分とそんなに身長が変わらない感じがしたけど、ひばりくんとアヴちゃんがなんかすごく大きく見えたのを覚えてる。一瞬のことだったけど。もっと何か言いたかった...人生で何度目か分からないコミュ障な自分を恨むタイムが訪れた。

あっという間に終わってしまったけれどもう何もする気になれず、おとなしく高速バスで地元に帰った。バスで6時間、こんなにしんどかったっけ?と思った。高校生くらいのときはよくバスで大阪に行ったりしてたけど、若かったからできたことなのか...腰がもうつらくて大変だったよ。そんなに腰痛が...とか言うほどの歳でもないような気がするけど...。

嘘みたいな一日が終わった。アヴちゃんの人間性がほんとうに魅力的で、こんなふうになれたらいいなと思うけれどきっとわたしにはなれっこないので、こういう時アヴちゃんならどうするだろうとかそう考えることで自分も少しずつ素敵な人間に近付いていけたらいいなと思う。


2019.04.09

ここ何日かずっと死にたいと思っていて、死にたいというか、死なせてくれという感じが正しいか、そんな状態だった。でも、女の子の日が来たと同時にその憂鬱は不思議なことにすーっと晴れていった。あまりに不思議だったので軽く調べて見たところ、とあるnoteの記事に辿り着いた。

note.mu

PMDDというものを今日初めて知ったんだけど、わたしが4月2日のnoteで書いていた“誰にも迷惑をかけずに死にたい”という内容とそっくりな部分があって震えた。おんなじだ、と思った。自分の性格の問題だと思っていたけれど、そうじゃないのかもしれない、と分かっただけでも幾分か楽になったような気もした。

この間いつもと違うネイルサロンに行ったんだけど、まだ一週間しか経ってないのに先の方が剥がれてきていてショック。やっぱりいつものところがいいんだ。次からはちゃんと行きます。

雨が降っている。小さい頃から寝るときに雨が降っているのが好きだった。心地がよかった。

イメチェン

たまたま通りかかったDr.Martensでずっと欲しかったシューレースを買ったら、かわいい店員さんが付け替えてくれて、ついでに靴もピカピカに磨いてくれた。だいぶ足に馴染んできてますねって言われてなぜかちょっと恥ずかしかった。なんでだろう。リボンになるだけで雰囲気ががらりと変わってかわいい。靴もわたしもよろこんでる。